無料ブログはココログ

旅行記(だんなブログ)

2013年10月25日 (金)

シュシュ、たくさん。

髪が長いので、シュシュやヘアゴムは必需品です。

半端布もたくさんあるし、と思い立ちシュシュを作りました。というか作りすぎました><

全部で18個。

うちのマトリョーシカさんたちとの全体像です。

Rimg0211

シュシュは少しの材料で簡単に出来るし、実用性もあるし作っていて楽しいです^^

といいつつ、編み物にハマってからはすっかり布系から遠ざかっている私。確実に手際が悪くなっていましたやったら楽しいし、もっと布系も作っていかなくては!と積んだままの布の在庫を見て思います・・・。

 

ピンク系。

Rimg0200

青系。

Rimg0202

黄色系。

Rimg0206

黒系。

Rimg0208

茶系。

Rimg0210

しっかりヘアゴムのように結ぶ用とゴムの上からスポンとつける用で輪のサイズを変えて作りました。といっても適当に、少しの違いなんですけどね。

 日常使いするので、なんの装飾もないシンプルなシュシュですが、使えそうに仕上がって一安心です☆

 

作り方は本やネットでみたものを適当にあわせて作ったのでレシピはないですが、「シュシュ 作り方」で検索すると、本当にたくさんのステキなシュシュの作り方が出てきます。みているだけでも面白いですよ♪

 

2013年10月24日 (木)

『編み地を楽しむリストウォーマー』より、「ジラフ」と「花畑」♪

林ことみさんの『編み地を楽しむリストウォーマー』から、二種類編みました。

            編み地を楽しむリストウォーマー

» 続きを読む

2013年10月15日 (火)

Snow bell(スカート)完成♪

ラベリーからSnowbellというパターンでスカートを編みました

">

このパターンはサブタイトル?が「Skirt in Eskimo or Andes 」で、色もホワイト。雪のつもった山のイメージだったのですが、私は赤系のファンシーヤーンで編んだためRed bellになりました。

 

使用したのはFondaというSuper Balkyの糸。

深みのある赤にラメが巻きついていて、白っぽいふわふわの繊維と撚ってあり可愛いのです。

が、、50gで45mなので、着るものを編むと重くなってしまって><

もっと針の太さを調整したり上手な活かし方があるのだろうけれど、今の私の力ではうまく活かしきれず。

気に入ってたくさん買ってしまったのでなんとか使い切りたいな~とウンウン考え、「スカートなら多少重くてもいけるのでは??」と思い挑戦してみました。

 

結果、無事着られそうに出来上がり一安心☆

Rimg0194_2

糸そのものが凝っているので、メリヤス編みのようなシンプルな編地が 引き立つと思います。

ちょこちょこ試着しながら変えたところもあるのですが、ほぼパターン通り。

すごく簡単なのにラインが中々キレイに出て嬉しい

 

先週末に着て外出してきました。

Rimg0217_2

丈は5cmほど長くして45cmくらい。小柄というのもおこがましい?!ほどチビなのでひざ少し上くらいまでの長さです。おへそあたりではいている感じ。←うまく言えない・・・。

Rimg0215

Rimg0212_2_2

横からと後ろから。

 

ウエストは一目ゴム編みです。

落下防止にゴムを入れようかなとも思いましたが、ウエスト部分がゴロゴロするのもいやだったのでそのままに。

はいてみるとフィット感も良くて、これで大丈夫かな~という感じ。

またはいていく内にのびてしまったら何か対策を考えようと思います。

 

メリヤス編みとガーター編み、減らし目くらいで、とじはぎもなし、と本当にシンプルで編みやすいパターンでした☆

違う糸で編んでみても良いかも~。

 

という前に、まだけっこうな量あるこの糸をキチンと使い切ってあげないとダメですね

近いうちにこのバッグを編み始めようかなーと思っています^^

">

2013年10月 8日 (火)

ベニシアさんの家具用ワックス

『ベニシアのハーブ便り』からラべンダーと蜜蝋の家具用ワックスを作りました。

 

磨くような古い家具は今まで持っていなかったのです。・・・が、アンティークやビンテージの蚤の市にはまっているみにーむにー。

食器や小物では飽き足らず、とうとう家具や調度品に手を出してしまいました。 

日本で手に入れるのと比べてすごーく安いし、自分の好きなものを探すワクワク感がやめられない!古いものの持つ雰囲気やデザインにとても惹かれるのです

ですが、当然ピンからキリまで色々なものが混ざっていると思いますし、(残念ながら見極める鑑定眼はありません)経年を感じるものも多々なので、好みが分かれるところかもしれませんね。

 

こうして手に入れた私にとってのお宝たちを、大事に長くつかいたいなぁということで、ベニシアさんの本からワックスを作ってみました。

Rimg0226_2

ラベンダーの良い香り~。ドライを煎じた液とエッセンシャルオイルを両方配合して作るので、蓋を開けるとふわっと良い香りが^^

せっけん少々や蜜蝋、オイルなどで作ります。

これは磨いている間中癒されそう

が、出来上がってみると、本で写っている写真と見た目が全然違うのです><

本だと、もっと茶色っぽくて固さも固め。つやっとした「ワックス」という感じ。

一方私のものは、クリーム色でやわらかめ。「クリーム」といった感じです。

失敗しちゃったかな?!(いつも適当だから・・・)と調べてみると、どうやら他の方も本の写真よりは「クリーム」感の強い仕上がりになっているよう。

なぜ??とは思いつつも、ホッと一安心でしたm(_ _)m

 

このワックスを使って、家具のお手入れをしてみるのが楽しみです。

家具の写真ではありませんが、手に入れた調度品。Rimg0213

置物を置いて壁にかけています。眺めてはニヤニヤしちゃうお気に入りです。

けっこう古いので、ワックスでツヤが出ると良いな~。

2013年10月 5日 (土)

Citron編みました。

Knittyから、たくさんの方が編まれているショールパターン、Citronを編みました。

といっても日本の暑ーい夏にちまちまと編んでいたのでもうガンガン使っています^^

ベルギーは八月の下旬頃から秋の気配がやってきて、9月10月は「寒いっ」という日も多くなるのです。

みにーむにーは秋冬が大好きで、出来れば四季より二季?!であってほしいと思うくらい夏が苦手なので(春は好きですが花粉がちょっと・・・)寒いのは大歓迎なのです

 

寒いなぁって思いながら編物をするのも、なんだか幸せですし。

 

着画を撮ろうと思っていたのに中々撮れないので、結局トルソーでの着画です。

トルソーの方が、私の着画よりよっぽどエレガントでステキに見えるのは内緒です。

Rimg0228

Rimg0229_2

後姿のフリフリした感じがお気に入りです^^

他に編まれた方の写真を参考にしてこんな感じにも。

Rimg0234

こうしてフワっと羽織ると女性らしくてとってもステキなのですが、防寒性を考えて、普通のマフラーのように巻いてしまっている私

Rimg0233

これじゃあ半円形のショールの意味が全くない?!

とも思うのですが、重なった部分が温かくて、半円のカーブの部分がちょうど首を包んでくれるのです。

フリルのマフラーという感じで中々可愛い、うんうん、と一人で自己満足しています。

 

冬らしい感じになるように、と少しアイボリーがかった白いモヘアで編みました。

ふわふわ軽くて、何にでもあわせられるので良かったです。

もとのパターンの指示通り編んだのですが、糸が指示よりも太かったので(元はlace2ply、私はfingering4ply位の太さの糸で編みました。)そこそこ大きくなりました。巻物はある程度の大きさがあったほうが私は使いやすいのでちょうどよかったかなと思います(o^-^o)

 

 

このパターン、出来上がると、やはり人気パターンだけあって、可愛いしお気に入りなのですが、編んでいるときはちょっと修行のようでした・・・

kfbは好きなんだけど、メリヤス編んで増し目して、数をカウントしてまた増し目して・・・みたいな。もう一枚編む根性は、まだ今のところなさそうです(笑)。。いつかチャレンジできるかなー。

2013年9月26日 (木)

RavelryよりFlower Hotpadを編みました。

日本に一時帰国していた際、ちょこちょこと編みためていて、仕上げが終わっていないものがたまってる・・・。

仕上げって、やってしまえばなんてことなく終わるのについつい後回しになってしまうんですよね~><

 

少しづつでも完成させよう!とやっとこ一つ仕上げました。

Ravelryのフリーパターン、Flower Hotpadです

">

お茶大好き人間で日に何度もお茶を入れるので、ポットマットはいくつあっても欲しくなるのです。

何か良い編み図ないかな~と探していてみつけたパターン。

パーっと開いたお花に一目ぼれ!ちょうど日本に持って帰っていた余り糸から編めそうだし、ということで、せっせと編みました^3^

 

少し落ち着いた感じにしたかったので、黄色系のお花にしてみました。

Rimg0221

Rimg0219

パターンではもう一周ぐるりと葉っぱがつくのですが、先に編まれた方のプロジェクトを見ると出来上がりがかなり大きそう。

一回り小さくするためにお花の部分を一周減らし、葉っぱを編み、三周で終わりにしました。

それでも私にとっては中々大きく感じる仕上がりになりました。

並太、棒針8号(たしか。。)で編んで、27cm弱くらい。

当初の目的、ティーポットを置いてみました。3~4人分くらいのポット。

Rimg0217

ちょっと大きい?でも使えなくはないかな^^

なべしきとしてはどうだろう?

Rimg0216

Rimg0215

こちらの方が大きさ的にちょうど良いようです

全くの偶然で、お鍋の花柄の色味とポットマットの花柄の色味が同じ!

このお鍋、ベルギーのBOCHというメーカーのもので、今はもう生産はなく蚤の市で手に入れました。大好きなメーカーなので、ますます活用できそうで嬉しい~

 

このポットマット、編む前は「複雑そうかも、、。」と思いましたが、やってみるとそんなこともなく、楽しく編むことが出来ました。

可愛いパターンを見つけられてよかったな~。

2013年9月21日 (土)

『毛糸だま no.153』よりショール完成。

父に帽子を二つ編んで送ったのですが、そうなると母にも何か編んであげようかなーという気になりまして。

以前プレゼントした冬のスヌードをとても気に入ってくれていたようなので、今回は春夏のショールを編んでプレゼントすることにしました。

 

『毛糸だまno153春号』(2012年)のP144、河合真弓さんデザインのクロッシェレースのショールに決定。

こちらです。

Rimg0208

クロッシェレースらしくゴージャスで美しいのですが、真っ直ぐ編んでいくだけで難しくなさそう。縁編みのお花模様もこれまた可愛くてお気に入りです。

 

近所の、おばあちゃんがやっている古い手芸やさん(というか古いもの処分屋さん?!)で購入していたシルク100%の糸をチョイス。

色はブラウンゴールドといった感じでつやつやしてとってもきれい。

つやはあるけれど色味が深いので落ち着きもあります。

 

編んでみて思ったこと。

このパターンとっても編みやすい!2段1模様なので模様もすぐに覚えられて、あとは編み図をみなくてもサクサク進められます。本ではレース針2号でしたが、糸が指定のものより少しだけ太かったので私はレース針4号で編みました。

レース針で編むことと、最後のぐるり一周縁編みがちょっと根気を必要とするかもしれませんが、それ以外は難しいところはなく楽しく編み上げることが出来ました。

Rimg0023

ぐるりと巻ける長さにしたかったので本よりも長くしました。それでも90gくらいで軽やかです

 

こんな感じにも。

Rimg0024_2

母に送ってしまったので着画はトルソーさんしかないのですが、実際巻いて見るといっそうステキだな~と思えるパターンでした^^

ゴージャスではあるんだけど、普段の格好にもなじんでくれてカジュアルでもキチンとした格好にも対応できそうでした。

 

また良い糸が手に入ったら、今度は自分の分を編みたいな!と思っています

巻物っていくつあっても欲しくなっちゃうんですよねー。

2013年9月17日 (火)

「ノルディック柄のセット」キャップをアレンジ。

前回の記事に引き続き、三國万里子さんの『編みものこもの』からキャップを編みました。

こちらも父へのプレゼント用です。

 

参考にしたのは「ノルディック柄のセット」のキャップです。

Rimg0199

以前、夫に左の指なし手袋を編みました。(本当は自分用だったのにちょっと大きかったのです。。)

Rimg2292

このキャップ、デザインもすてきだし、「男女兼用できるように、少しゆとりのあるサイズ」という三國さんのお言葉があり、サイズ的にも問題なさそう♪

 

そして出来上がったキャップがこちら!

Rimg0001

あれ?本と全然違う??

はい。本と同じなのはサイズだけで、ポンポンは省略し、編み込みの配色もまるで違うものになりました。

毛糸は山ほど収納場所に眠っているのに、わずかな余り糸も、いつか役立つかも!と思いなかなか捨てられないという困った私。

そんな余り糸をフル活用して出来た私なりの「ノルディック柄のキャップ」なのです。

 

編んでいる横で夫に「おー派手だねぇ。」と言われてしまい我に帰る。

・・・確かに派手かも?還暦の男性がかぶって平気かな?

とも思いましたが、もうリズムに乗っちゃったし突き進みました!

またしても渡す前の着画です。

Rimg0017

Rimg0013

ゴム編みの部分を折り返してあって二重になっているのでとってもあたたか~い。

サイズもゆとりがあって男性でも問題なさそうです。

色をほぼ毎段変えたこともあるし、編み込み模様も編みやすくて、飽きずに最後までどんどん編めてしまいました。

楽しかった!

 

父も届いた帽子、どちらも気に入ってくれたみたいなので本当に良かったです

日本もそろそろ暑さが落ち着いて季節が変わってくると思うので、これから活用してくれると嬉しいな~。

2013年9月15日 (日)

「女の子のためのセット」三國万里子さんのキャップをアレンジ。

三國万里子さんの『編みものこもの』より、「女のこのためのセット」のキャップを編みました。

といっても父へのプレゼントなので「おじさんのためのキャップ」といったほうが正しい?!

本のキャップはこちら。

Rimg0197

Rimg0196

耳までスッポリかくれてとても暖かそうだし、かぶりやすそう。

お花のメリヤス刺しゅうが効いていて可愛いですよね。

今回は父用にアレンジ!ということで、編み図だけ拝借して色味も変えてボーダーにし、刺しゅうはナシで作ってみました。

こんな感じ。

Rimg0004_2

プレゼントだというのにあげる前にかぶっちゃいました!

Rimg0008

思った通り、あたたか~い

モデルさんもかなりゆったりかぶっているように、男性でも大丈夫な大きめサイズじゃないかなと思います。うちの夫は頭周りが小さめのため余裕でOK!でした。

元のキャップとは見た目がかなり違ってしまったけれど、私なりにイメージ通りに仕上がったので満足です♪少しのアレンジでこんなに雰囲気が変わるんだなーということも実感できたし^^

実はもう一つ、同じ『編みものこもの』から帽子を編んでいるので、次回はそちらを書いてみようと思います☆

2013年9月13日 (金)

これから。

あまりに久しぶりの更新ですが、気持ち新たにもう一度再スタートです。 

というのも今年の春に父に病気がみつかり、自他共に認める?!父親っ子の私は夏の下旬まで日本に帰っていたのです。幸い父も8月の下旬に無事退院することが出来、今は自宅でのんびり愛するチワワたちとすごしています

 

入院生活ははっきり言って過酷でした。。もちろん闘病している本人が一番辛く苦しいのですが、家族も日々身を削られるような思い。

もう経験したくはないですが、それでもやっぱりこの経験から得たことは大きいなと思います。聞き飽きている言葉だとは思うけれど、生きていることは奇跡みたいにすてきなことだということ、それは当たり前ではないです。

人間の身体は一つなのにこの世にはいくつの病があるんだろう。お恥ずかしいけれど私はきっとその多くを知らないかもしれません。いつそのうちの一つにかかっても決しておかしくはないですよね。なのに私は今命の心配をせずに、毎日食事をしておしゃべりして生きている。

どれだけ自分が恵まれているか、感謝すべきか骨身にしみています。

 

父の病気の性質上、まだこれからも定期的な通院は続きます。

不安になり、このブログで弱音を吐いたり、一喜一憂したりすることがあるかもしれません。どうぞそのときは「しょうがないな~こんなこと言っちゃって。」と流してくださると助かります

 

さて、日常の小さなことやもののかけがえのなさに気づいたところで、これからはこの日常ブログもちゃんと更新できるように頑張ろうっと(笑)。

«『THE TAILOR OF GLOUCESTER』